緑茶色の機体に「地球上でもっとも緑茶を愛する街」 機体命名権で街をPR 静岡・島田市

2022年08月10日(水)

地域

ポストコロナにむけ観光客を呼び込もうと「緑茶を愛する街」をPRするため、静岡県島田市が航空会社FDAとネーミングライツ契約を結び、10日機体のお披露目式が開かれました。

島田市はFDAと約1100万円でネーミングライツ契約を結び、ティーグリーン色の8号機を「地球上でもっとも緑茶を愛する街、静岡県島田市」号と名づけました。

名前は機体の搭乗口の近くに表示され、乗客からも見えるようになっています。

8号機は1日6便から7便の運航があり、ポストコロナでの観光誘客をしていくということです。

島田市・染谷絹代市長 「この飛行機が札幌であったり福岡であったり沖縄であったり全国各地を飛び回って。静岡県島田市をアピールしてくれると大変うれしく思ってます」

契約は来年3月までで、機内アナウンスや機内誌でも島田市の魅力をPRしていくということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ