【台風8号】13日朝から昼過ぎに静岡県に上陸か 「海・山のレジャーは控えて」気象台

2022年08月12日(金)

地域

台風8号は13日朝から昼過ぎにかけて静岡県に最接近し、上陸する恐れがあります。雨が長く降り続く見込みで、気象台は「海や山は大荒れの可能性があり、レジャーは控えてほしい」と呼びかけています。

12日午前、静岡地方気象台は台風8号に関する説明会を開き、市川信介予報官が今後の進路や風雨の予想について説明しました。

台風は12日正午現在、日本の南海上にあり、中心気圧1004hPa、中心付近の最大風速18m/sでゆっくり北上しています。風速25m/s以上の暴風域はありません。

台風8号は13日朝から昼過ぎにかけて静岡県に最接近し、上陸するおそれがあります。今回の台風は雨が長く降り続くのが特徴です。

台風の接近前から暖かく湿った空気が流入し、11日降り始めからの雨量はすでに100mmを超えています。

台風接近に伴い、県内は13日朝から夕方にかけ雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みです。時間雨量50mmの警報級の大雨が予想され、12日正午からの24時間雨量は多い所で180mm、さらに13日正午からの24時間雨量も多い所で200~300mmと予想されています。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒が必要です。

また風も13日未明から強まり朝から昼過ぎにかけては風速17m/sの強風となる見込みです。

波の高さは5mと予想され、海上はうねりを伴いしける見込みです。

気象台の市川予報官は「お盆の休暇中ではありますが、海や山は大荒れの可能性がありレジャーは控えてほしい」と呼びかけています。





直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ