【静岡・新型コロナ】新規感染2800人 クラスター2件 累計32.5万人で県民11人に1人感染

2022年08月12日(金)

地域暮らし・生活

12日、静岡県では新型コロナウイルスの新規感染者が2800人、死者が2人確認されました。今週月曜日並みの水準です(8日2012人)。過去最多は3日の7313人です。

居住地別にみると浜松市741人、静岡市256人、藤枝市220人、焼津市180人、富士市179人、島田市158人、沼津市117人、掛川市112人、袋井市81人、磐田市76人、富士宮市69人、牧之原市63人、伊豆の国市60人、伊東市53人、三島市51人、吉田町45人、湖西市42人、菊川市38人、熱海市36人、御殿場市30人、御前崎市28人、清水町27人、函南町26人、裾野市23人、伊豆市18人、下田市15人、森町14人、南伊豆町9人、長泉町8人、松崎町6人、西伊豆町4人、小山町3人、川根本町3人、東伊豆町2人、河津町1人、県外6人です。

これまでの累計の患者数は32万5859人で、県民の11人に1人が感染したことになります。

この1週間の県内の新規感染者は3万5131人で前週比0.90倍となっています。1倍を下回るのは6月24日以来で、約1カ月半ぶりです。1人が何人にうつすかを示す実効再生産数も6月23日以降は1を超えていましたが(7月30・31日除く)、8月9日以降は1を下回り12日は0.88です。県は「感染者数は8月7日をピークに下がっているようにみえるが減少幅が小さく、医療現場のひっ迫は続いている。感染者増加に先行する傾向がある20代の感染が増えているのも気がかりで、今しっかり対策をとらないと、8月下旬にセカンドピークを迎え泥沼からぬけだせないおそれがある」と指摘しています。

【死者】
新たな死者が2人確認されています。1人は浜松市の基礎疾患のある高齢男性、他の1人は年代・性別・基礎疾患の有無など非公表です。

7月1日から8月4日までに死亡した47人を年代別にみると、4人を除き60歳以上で、70歳以上が90%、80歳代と90歳代で80%となります。

【クラスター関連】
新たなクラスターが2件発生しています。

・藤枝市内の高齢者施設
10人の感染がわかり、クラスターに認定されました。

・袋井市内の高齢者施設
6人の感染がわかり、クラスターに認定されました。

【BA.5の割合】
・県は1週間ごとのゲノム解析でオミクロン株とわかった感染者のうち「BA.5」の割合の発表しています。5日~11日に判明した202人のうちBA.5は183人90.6%で、残りはBA.2が16人7.9%、BA.4が3人1.5%でした。

【病床使用率】(12日正午時点)
県東部 84.0%
県中部 86.8%
県西部 77.5%
ーーーーーーーーー
県全体 82.9%(入院者数759人 ※コロナ患者受入病院以外の191人を含めると950人です)
重症者 30.0%(重症者12人)※第6波のピークは7人でした。

宿泊療養施設 34.3%

自宅療養者 4万5992人 (11日午後5時時点)
自宅待機者 22人

療養終了者 27万5276人(11日時点)

【ワクチン接種率】11日時点
県内全人口1回目 80.92%
     2回目 80.38%
     3回目 65.67%
     4回目 13.87%
高齢者  1回目 94.22%
     2回目 94.00%
     3回目 90.95%
     4回目 41.69%

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ