低体温症か震えて会話できず 富士山9合5勺付近で男性を救助 

2022年08月12日(金)

事件・事故

12日午前、富士山富士宮口9合5勺付近の登山道で、男性が倒れているのを別の登山者が発見し、富士山に常駐する山岳遭難救助隊によって救助されました。男性は低体温症とみられ病院で手当てを受けています。

12日午前11時15分頃、富士山富士宮口9合5勺の山小屋付近の登山道で、倒れている男性を別の登山者が発見し、山小屋に常駐する山岳遭難救助隊が救助にあたりました。

男性は自力で下山できる状態ではなかったため、午後1時頃山岳遭難救助隊がブルドーザーを使って富士山富士宮口新5合目まで下ろし、その後救急隊が病院に搬送しました。

警察によりますと、男性は発見された時、低体温症とみられ体を震わせ会話ができない状態でした。

1人で登山していたとみられますが、詳しい状況について聞き取りができていないということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ