【台風8号】静岡県に13日朝から昼過ぎに上陸か 線状降水帯発生のおそれ

2022年08月12日(金)

地域

台風8号は13日朝から昼過ぎにかけて静岡県内に最も接近する見込みです。
日中には線状降水帯が発生するおそれがあり、気象台は土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

台風8号は12日午後3時現在、日本の南の海上をゆっくりと北北東に進んでいて、県内には13日朝から昼過ぎにかけて最も近づく見込みで上陸するおそれもあります。

気象台によりますと13日は、県内全域の多いところで1時間に70mmの非常に激しい雨が予想されています。

また14日午後6時までに予想される24時間の雨量は県内全域の多いところで300mmとなっています。

静岡地方気象台・市川信介予報官 「山や海は特に大荒れになる可能性がありますので、ぜひレジャーの方は控えていただきたい」

また気象庁は、台風の接近に伴い13日の日中に東海地方に線状降水帯が発生するおそれがあると発表しました。

線状降水帯は激しい雨を降らせる積乱雲が次々に発生して同じ場所を通過・停滞する現象で、6月に予測の情報提供が始まってから東海地方に対しては初めての発表となります。

大雨災害の危険度が急激に高まるおそれがあり、気象台は土砂災害や低い土地の浸水などへの警戒を呼びかけています。

なお大井川鉄道は台風接近に伴い、13日は終日全面運休を決めています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ