77回目終戦の日 静岡市で追悼式典 平和へのメッセージ「早く戦争なくして」

2022年08月15日(月)

地域

8月15日は77回目の終戦の日です。静岡市駿河区では、戦争で亡くなった人たちを悼む式が開かれました。

静岡市の戦没者追悼式は、新型コロナの感染者が急増していることから規模を縮小して行われ、参列した遺族や市民220人が戦争で犠牲となった約1万8000人を悼みました。

静岡市静岡遺族会女性部長(6歳で父を戦地で亡くす)中川琉美子さん
「ロシアによるウクライナ侵攻など、いまだに罪のない多くのかけがいのない命が失われています。早く戦争をなくし、平和な日々が続くよう願ってやみません」

式では参列者が献花台に花を手向けるとともに、子供たちがビデオメッセージで平和の大切さを訴えました。

静岡市立南部小学校6年・飯田麗音さん
「認め合えないから戦争をするのではなく、足りないものを補えるから仲良くできる。そんな世の中だったらいいのに」

戦争経験者が年々減りゆくいま、参列者たちは改めて、戦争の悲惨さをどう伝え続けていくか考えを巡らせていました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ