保温材メーカーの事業所から最大1900リットルの濃硫酸漏洩 静岡・浜松市

2022年08月16日(火)

事件・事故

15日夜から16日朝にかけて、浜松市北区の工業用建材(保温材)を製造する事業所から、濃硫酸が最大で1900リットル流出していたことがわかりました。これまでに健康被害は確認されていません。

濃硫酸が流出したのは、浜松市北区細江町中川の「日本ケイカル株式会社」です。

市や事業所によりますと、15日夜から16日朝にかけて、建材の製造過程で発生したアルカリ性の液体を中和するための濃硫酸が、損傷した配管から最大で1900リットル漏れ出ていたということです。

事業所は15日休みで、16日朝、出勤した社員が機器の異常に気づき、市に通報しました。

15日夕方、当番の社員が巡回した際に異常は見つからなかったということです。

市が調査したところ、濃硫酸は事業所の土壌に浸透し、その一部が水路に流出、最大約200m先まで流れましたが、除去処理したため現在は、事業所北側の水路以外は確認されていません。

濃硫酸は皮膚に触れると重度のやけどを起こし、目に入ると失明する恐れがあることから、事業所は水路に土嚢を設置し、これ以上の流出を防ぐほか、周辺住民には水路に近づかない、水路の水や壁面に触れないよう呼びかけています。

これまでに社員や周辺住民への健康被害は確認されておらず、市・警察などが配管が損傷した原因を調べています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ