繁華街のビル火災…遺体は消防隊員と判明 従業員休憩用の倉庫から発見 静岡

2022年08月17日(水)

事件・事故地域

13日、静岡市葵区の飲食店から出火した火事で、遺体は消防隊員と確認され、この遺体は従業員が休憩に使っていた倉庫から見つかっていたことがわかりました。

13日夜、静岡市葵区呉服町のビルの3階にある飲食店から出火し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

これまでの市消防局の調べで、遺体は北側の階段から入って奥にある倉庫で見つかっていたことがわかりました。

倉庫は従業員の着替えや休憩に使われていて、同じビルの別の飲食店の店長は次のように話していました。

同じビルの飲食店店長
「(火元となった)上の飲食店の人からは、更衣室の火の不始末という話を聞いています」

遺体は火元の確認に入った駿河消防署の山本将光消防司令補(37)と確認され、警察と消防は火事の状況を調べています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ