保温材メーカー濃硫酸流出事故 浜松市の発表1900リットルは1900キログラムの誤り

2022年08月17日(水)

事件・事故

浜松市北区の保温材を製造する事業所から濃硫酸が流出した水質事故で、市は16日、流出した濃硫酸の量を1900リットルと発表しましたが、1900キログラム(約1000リットル)の誤りだったことが分かりました。

事業所は1900キログラムと通報したものの、市の担当者が1900キログラム=1900リットルと認識したということです。

濃硫酸が流出したのは、浜松市北区細江町中川の保温材メーカー「日本ケイカル」で、15日夜から16日朝までの間に、建材の製造過程で発生した「濃硫酸」が損傷した配管から流出しました。

15日事業所は休みで、16日出勤した社員が機器の異常に気づき、市に通報しました。

日本ケイカルは当初、最大で1900キログラム(約1000リットル)と市に通報しましたが、17日、事業所のタンクに濃硫酸が残っていることを確認したため、最終的に流出したのは数百リットルだったと見られています。

濃硫酸は事業所の土壌に浸透し、その一部が事業所北側の水路に流れ出ましたが、市が調査した結果、周辺の都田川や三和川、祝田北川に異常はないということです。

濃硫酸は皮膚に接触すると重度のやけどを起こす恐れがあることから、事業所は水路にロープを張り、近づかないよう周辺住民に呼びかけています。

【添付画像:浜松市提供】
日本ケイカル周辺のpH(水素イオン濃度)測定結果:8月17日
浜松市「赤で示した部分がpHが低いため、近づかないで」
※pH7で中性、1に近いほど酸性が強く、14に近いほどアルカリ性が強い
※pH6.5~8.5が河川の一般的な数値

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ