静岡市の繁華街でビル火災 倉庫で発見された遺体は行方不明の消防隊員

2022年08月17日(水)

事件・事故地域

静岡市葵区の飲食店から出火した火事で、見つかった遺体は消防隊員と判明しました。遺体は従業員が休憩などに使う倉庫から見つかっていたことがわかりました。

13日に静岡市葵区のビル3階の飲食店から出火した火事で、焼け跡から見つかった遺体は、火元の確認に入った駿河消防署の山本将光消防司令補と確認されました。死因は焼死でした。

これまでの静岡市消防局の調べで、遺体は北側の階段から入って奥にある倉庫で見つかっていたことがわかりました。

倉庫は従業員の着替えや休憩に使われていて、同じビルの別の飲食店の店長は「更衣室が火元だった」と聞いていたということです。

同じビルの別の飲食店・店長
「(火元となった)上の飲食店の人からは更衣室の火の不始末と聞いています。注意不足としか言いようがないですね。こんなこと起こると思わなかったので、自分たちも気をつけなきゃいけないですね」

出火当時店内にいた客はテレビ静岡の取材に対し「火災報知器が鳴って焦げたにおいがしたあと煙が漂ってきた。店員の指示に従い階段を使って外に避難した」と話しています。

当時店内にいた店員やおよそ30人の客は避難して無事でした。

警察と消防は、火が出た原因や消防隊員が死亡した状況について調べを進めています。

取材をもとに、火事が起きたビル3階の見取り図では、北側の正面入口の階段をあがって奥に進んだところに従業員や着替えや休憩していた倉庫があります。

山本消防司令補はここで遺体が見つかりました。

静岡市消防局の秋山義隆局長は「信頼も厚く将来を嘱望された優秀な職員を失ったことは誠に残念でなりません。事故原因の徹底的な調査・検証を行い再発防止策を講じてまいります」とコメントしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ