静岡県医師会・病院協会「過去最大の難局」知事に「医療従事者の家族も優先接種」要望

2022年08月17日(水)

地域

17日静岡県内では新たに7169人が新型コロナに感染していたことがわかりました。
こうした中、医師会と病院協会が知事を訪問し、ひっ迫した医療を守るための緊急要望を行いました。

17日の静岡県内の新規感染者は7169人で、静岡市が1528人、浜松市が1490人となっていて、基礎疾患のある高齢者5人の死亡が発表されています。

感染が高止まりし医療がひっ迫する中、17日医師会と病院協会のトップが知事に緊急要望を行い「医療機関は過去最大の難局を迎えていて、医療崩壊が始まっている可能性がある」と危機感を示しました。

その上で、コロナ患者を診ていない医療機関にも軽症者の受け入れを求めることや、医療従事者の家族にも優先的にワクチンを打てる環境の整備を知事に求めました。

静岡県病院協会 毛利博会長「職員(医療従事者)の感染者が多くて、患者さんを診られる病床がどんどん減っている。ベッドはあるけど診られないという事態が一番恐れているので、それだけは避けたい」

知事は「最後のとりでである医療従事者をなんとしても守るため、必要な手立てを検討していきたい」と述べていました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ