低体温症と疲労で…富士山で救助要請 下山後に体調もどりケガなし

2022年08月17日(水)

事件・事故地域

17日午前、富士山では救助要請が2件あり、警察の山岳遭難救助隊などが救助にあたりました。それぞれ民間の重機で下山し、ケガはないということです。

17日午前7時過ぎ 富士山の須走口7合目付近にいる女性(67)から「疲労によるひざの痛みで、動けなくなった」などと警察に通報がありました。

また午前10時半頃、登頂後に低体温症で動けなくなっていた男性(44)を発見した別の登山客から連絡を受けた山小屋のスタッフが、警察に救助要請をしました。

警察によりますと、女性は息子と2人で、男性は1人で登山しており、それぞれ民間の重機で須走口5合目まで下山したところ、体調が戻りケガもなかったためそのまま帰宅したということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ