世界のサイクリストが体験 アプリで富士山五輪コースを走行 

2020年02月27日(木)

地域

自転車のトレーニングのため、世界中で使われているバーチャル走行アプリに、静岡県内の景色が搭載されました。

仲田悠介記者「モニターに映っているように富士山周辺を走っています。傾斜によって負荷が変わり、実際に走っているような感覚です」

オーストラリアの企業が作るサイクルトレーニングアプリ「Fulgaz」。

富士山周辺や浜名湖一周といった5つのサイクリングコースの4K映像が、1月から公開されました。

アプリをトレーニング機器と連携して使うと、例えば坂が映し出されると、ペダルに負荷加わり、現地に行かなくても実際に走っているようなバーチャル走行体験ができます。

全世界4万人のサイクリストが使っていると言われていて、約600ヵ所のコースが公開されていますが、国内のコースは今回が初めてです。

公開を始めて約1ヵ月で8000件ほどのダウンロードがあり、特にオリンピックのコースの一部を収録した富士山周辺コースが人気だということです。

県スポーツ局山本東局長
「オリンピックを前に日本への関心を高めて、オリンピックが終わってからも継続的に静岡県にサイクリングするために日本に来るという、いい流れを作っていきたい」

県は、3月にもユーチューブにサイクリング映像を公開する予定で、オリンピックを契機に、海外のサイクリストに県内を走行してもらえるよう、PRしていきたいということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ