サクラエビ春漁 4月5日解禁 資源回復の兆候受けて

2020年02月27日(木)

事件・事故

資源回復に向け、試行錯誤が続くサクラエビ。

春漁は、4月5日解禁に決定しました。

県桜えび漁業組合は、2月群れの形成やエビの大きさを確認するための資源調査を実施しました。

結果、これまでほとんど群れが確認できなかった駿河湾の奥を含め、広い範囲で群れを確認し、県水産技術研究所は、資源が「回復傾向にある」との見方を示しました。

27日、組合の役員に加え、由比や大井川の漁師を集めた会議が開かれ今年の春漁は4月5日に解禁、例年より11日短い、2ヵ月間の6月5日まで行うことを決めました。

資源確保のための自主規制の内容は、今後検討されます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ