守護神・権田「試合の空気が変わっていくのが面白かった」 静岡県民も歓喜の渦

2022年11月24日(木)

地域芸能・スポーツ

FIFAワールドカップで日本が歴史的勝利です。23日のグループリーグ初戦で強豪・ドイツを逆転で下し、大きな勝ち点3を手にしました。

静岡県内でもパブリックビューイングが行われ、そのエールが届いたのでしょうか。清水エスパルスの権田選手も何度も好セーブを見せ、勝利に貢献しています。

死の組と言われるグループEに入った日本。初戦で過去4度の優勝を誇る強豪・ドイツに挑みました。

小倉彩瑛アナウンサー 「雨が降り寒い中、みなさん勝利を願いながら試合開始を待っています」

注目のワールドカップ初戦、最初のチャンスは前半8分でした。中盤でボールを奪うと伊藤のクロスに前田。ネットを揺らしますが、これは惜しくもオフサイド。

このまま勢いに乗りたいところでしたが前半、日本のシュートはこの1本のみ。

ここからドイツが牙をむきます。前半31分、再三 狙われていた右サイドを破られ、飛び出した権田がPKを献上。これを決められ先制を許します。

さらに前半アディショナルタイム、一瞬のスキをつかれ痛恨の追加点…と思いきや、判定が覆りオフサイド。VARに助けられますが、防戦一方のまま前半を1点ビハインドで折り返します。

観客 「やはりドイツは強いなというのがあったので、あとはひたすら応援するだけです」

観客 「押されるのはわかっていたんですけど、1点で防げたので後半チャンスがあると思うので逆転を信じたいなと思います」

このままでは終われない後半も、ドイツに幾度となく決定機を作られますが、25分のピンチには権田が立ちはだかります。前半に与えたPKの汚名返上とばかりに、頼れる守護神が圧巻の4連続セーブ。

徐々に流れを引き寄せると、後半30分でした。途中出場の堂安が、値千金の同点弾。

さらにその8分後…。持ち味のスピードでドイツディフェンスの裏を狙い続けていた浅野が、技ありのトラップから豪快に蹴り込み、ついに逆転に成功します。

そして…。

守護神の粘り、指揮官の采配、そして攻撃陣の覚醒と大事な初戦で全てが噛み合った日本。歴史的大金星で大きな勝ち点3を掴みました。

権田 修一選手 「試合をやっていて徐々に空気が変わっていくのが、本当に面白かったという言い方でいいのかわからないですけど。終盤は僕らピッチの中の選手ももちろんそうですけど、いろんなサポーターの方、当然テレビの向こうでもたくさんの方が見てくれていたと思いますし、そういう方の本当にパワーを感じたおかげで最後守れたのかなと思います」

観客 「日本のワールドカップ始まった、これで」

観客 「グループリーグ突破に1歩前進できるように、次も勝ってもらいたいと思います」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ