「誤作動」か「人為的操作か」ホールのスプリンクラー作動で楽器水浸し 楽団側も検討委員会設置 裾野市

2022年11月24日(木)

地域

静岡県裾野市の市民文化センターでスプリンクラーが作動し、楽団の楽器などに被害が出た問題で、楽団は被害や原因を調べる委員会を設置したことを明らかにしました。

2022年9月、裾野市民文化センターの大ホールでスプリンクラーが突然作動し、公演の準備をしていた「シンフォニエッタ静岡」のメンバー5人がケガをしたほか楽器100点以上が被害を受けました。

数億円にのぼるとされる被害の補償をめぐり、裾野市は「誤作動」でなく「人為的な操作」の可能性があり、原因を究明するための第三者委員会の結論を待って判断するとしています。

これに対し楽団も、設備の専門家や警察OBなどで構成する独自の検討委員会を設置したことを明らかにしました。

シンフォニエッタ静岡・中原朋哉 芸術監督:
(市から)出てきたことに対して、正しく理解をして結論や論点に問題はないか、確認することができる体制を、オーケストラ内部に整えておくためにこの委員会を設置することにしました

委員会は、裾野市が開示したスプリンクラー設備の公文書なども精査していくということです。

楽団は、市の対応によっては損害賠償を求め裁判を起こすことも検討しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ