サッカーW杯初出場に期待 浜松出身・伊藤選手「左足のパスが強み」 27日コスタリカ戦

2022年11月25日(金)

地域芸能・スポーツ

FIFAワールドカップ カタール大会で、日本は27日にコスタリカ戦を迎えます。
ディフェンスの選手2人が太ももに違和感を感じて24日の練習に参加しておらず、期待がかかるのが浜松市出身の伊藤洋輝選手です。

強豪ドイツに真っ向勝負を挑み、逆転勝利を飾った日本代表。2戦目は27日にコスタリカと対戦します。

県内出身で唯一代表に選ばれた、浜松市出身の伊藤洋輝選手。左サイドバックを中心に複数のポジションをこなす、ディフェンダーです。

酒井選手と富安選手が太ももに違和感を感じて24日の練習に参加していないこともあり、初出場の可能性も出てきています。

サッカー日本代表・伊藤 洋輝 選手:
予選を戦ってくれた選手がいるからこそ僕が本大会にでられるので、予選を勝ち抜いてくれた選手たちへのリスペクトは絶対忘れないようにしたい。
(Q.W杯のピッチに立つ事について)
立ってみないとわからないですけど、今はすごくワクワクしている。
守備の選手なので1対1で負けない所は大前提だと思うし、その中でボールを持った時に自分の左足のパスがストロングだと思うので、そういったものを積極的に出せていけたら

伊藤選手が尊敬する選手は、先日引退した中村俊輔さんです。ジュビロ磐田で試合に出られない時にアドバイスをもらい、食事も一緒にしていたそうで、日本代表に初招集された時も、中村さんが祝福してくれたということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ