「気の緩みに注意を」観光施設で交通安全呼びかけ 静岡・裾野市

2020年08月12日(水)

地域暮らし・生活

お盆休みなどで長時間運転する人が増える中、交通事故を防ごうと、12日富士サファリパークで警察が安全運転を呼び掛けました。

静岡県裾野市の富士サファリーパークでは、12日朝、警察官や交通安全指導員が開園時間に合わせチラシを配りながら交通安全を呼びかけました。

今年は新型コロナの影響もあり、この時期としての人出は少ないものの、長時間の運転や普段車を運転しないドライバーが増えることから注意が必要だということです。

裾野警察署交通課・岡本浩課長 「お盆の休日ということで気が緩むこともあるので、気を引き締めて交通事故防止に努めてほしい」

富士サファリパークに続く道路でも追突事故が起きているということで、警察は今後も事故防止を呼び掛けていくことにしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ