【東日本大震災12年】明るい未来を願うキッズゲルニカ 被災地の子供たちの作品も 静岡市

2023年03月11日(土)

地域

静岡市の日本平山頂では、被災した東北の子供たちなどが明るい未来や平和への願いを込めて描いた巨大な絵画が展示されています。

富士山を望む日本平山頂に並べられた20枚の大きな絵。

平和を祈って世界各地の子供たちが描いたもので、キャンバスの大きさはスペインの巨匠・ピカソの名作「ゲルニカ」と同じです。

静岡での展示は開催期間中に3月11日を迎えることから、いまだ広い範囲が帰還困難区域に指定されている福島県浪江町の小・中学生が描いた絵も展示されました。

復興への願いと決意を託されたのは日本の象徴・富士山と空を力強くも自由に泳ぐ鯉のぼりです。

見学に訪れた人
「描かれている子供とか、たくさんの人が笑っているところがすごく平和を願ってるし」「言葉じゃ伝わらないものがすごく伝わってくる」

絵画の展示は静岡市清水区の日本平夢テラスで3月15日まで行われます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ