リニア工事再開 静岡県知事「現場を見てから」 JRが準備作業を要望

2020年06月04日(木)

地域

JR東海が、6月中の再開を求めているリニアの静岡県内での準備工事について、川勝知事は4日、現場を見てから判断する考えを示しました。

リニアの県内区間の工事について、JR東海は2027年の開業に間に合わせるため、6月中に県内での地ならしや木の伐採など、準備工事を再開したいと求めていますが、県が同意していません。

難波副知事は2日の会見で水問題などが残る中、工事の再開は時期尚早との考えを示しました。

難波副知事
「私たちの理解としては、準備工事はもう本体工事にほぼ近いもの。本体工事に近いものは、まだ水の問題がはっきりしていない段階で、やるというのは早いのではないかと申し上げている」。

また川勝知事は4日、副知事の発言に理解を示した上で、「建設工事で使われる道路の安全状況を視察してから」と話しました。

川勝知事
「難波副知事は現場を知っていると思いますので、そんな無茶なことは言っていないと思います。とりあえず今は現場を見てからということにさせてください」。

知事は、JR東海の金子社長が求める面会については、前向きな姿勢を示しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ