渦中の園長ハラスメント認める「消化しきれない」 浜松市の保育士18人退職届け

2019年12月13日(金)

地域

渦中の園長はハラスメントを認め「真摯に対応したい」と話しました。

浜松市で保育士18人が退職届けを出した問題で、園長が会見に応じました。

職員や保護者に対するパワハラやセクハラはあったのか、園長が答えました。

高部志保子園長 「こういうことになってしまった以上、あったという事になるのかなと、私は受け止めています。これから真摯に対応していくつもりです」

西区にあるメロディー保育園は、園長とその夫の副園長からパワハラやセクハラを受けたとして、保育士18人が一斉に退職届けを出しました。

保護者 「まず保護者に何らかの説明を早くしてほしいとお願いしたい」

退職届けは28日付けで、18人やめると残る職員は8人。

しかし園児142人対し、保育士17人以上が必要です。

高部志保子園長 「今回のことは重く受け止めている。ひとつひとつ丁寧に対応していきたい。すべて自分の至らない点だと思う」

園長側は、退職届けの取り下げを求めていますが、事態打開のメドは立っていません。

◆保育園で何が起きているの
問題となっているのは、浜松市西区雄踏にあるメロディー保育園です。

0歳から5歳までの子供142人が通っていて、保育士25人、栄養士1人がつとめています。

このうち保育士と栄養士合わせて18人が、11日、退職届けを出しました。

理由は園長と夫である副園長にハラスメントを受けたためとしています。

例えば、子供の前で親を罵倒する行為や、会議で「つわりは病気じゃない、休むのはおかしい」と発言したなどとしています。

園長は認めたと言いつつも、こう釈明しています。

高部志保子園長 「私の中ではまだ消化しきれない部分があって。改善策を出し、書面も出して対応してきたけれど、それでもまだ足りないということだったのかなと思う」

子供1人に何人の保育士が必要かは、厚生労働省が基準を示しています。

0歳児の場合は子供3人に保育士1人、1歳児の場合子供6人に保育士1人などと定められています。

メロディー保育園の26人の保育士・栄養士のうち、18人が辞めた場合、残る職員は8人となりますが、浜松市によりますとメロディー保育園の運営には最低17人が必要です。

園長は退職届けの取り下げを求めていますが、解決の糸口は見えていない状況です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ