静岡空襲から79年 静岡市で「追悼のつどい」 戦争の悲惨さを語る 2千人が犠牲に

2024年06月16日(日)

地域

およそ2千人が犠牲となった静岡空襲から79年となり静岡市で「追悼のつどい」が開かれました。

1945年6月19日から20日にかけて、静岡市には10万発を超える焼夷弾が落とされ、およそ2千人が犠牲となりました。

葵区では16日、「追悼のつどい」が開かれ、体験者などが犠牲者に花を手向け当時の悲惨な状況を語りました。

母が空襲を体験した須田恵子さん「(安倍川の河原は)本当に地獄のようなことだと(母は)言っていました。」

主催者は今後も平和の大切さを伝えていく考えです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

X公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ