死球で骨が変形「肩が触れない」 戦力外通告受けても新設球団で再起目指すベテランの執念 静岡

2024年06月22日(土)

芸能・スポーツ

新生球団ハヤテで再起をめざす福田秀平 選手

かつてソフトバンクで日本一に貢献したベテラン選手が、FAで移籍したロッテから戦力外通告を受けた後も新設球団に移り再起を図っている。男の名は福田秀平。現在はくふうハヤテに所属している。

戦力外通告につながった死球の後遺症が今も残り、右手で左肩を触ることができない。それでもプロ17年目のベテランは現役を続ける。

プロ17年目が新設球団をけん引

福田秀平 選手

2024年、プロ野球界に新たな球団が誕生した。静岡市清水区を本拠地とするくふうハヤテベンチャーズ静岡だ。

所属選手のほとんどがアマチュア出身の中で、輝かしい経歴を持つ”チームの顔”がプロ17年目・福田秀平 選手(35)だ。

福田秀平 選手:
最初からうまくいくわけはないので、その中でも1つ1つのプレーや若い子たちの1日1日の成長速度を見ると、このチームはまだまだ強くなっていくと思う

くふうハヤテの主力 福田選手

2006年にドラフト1位でソフトバンクへ入団した福田選手。勝負を決めるバッティングでファンに馴染み深く、走塁でも非公式ながら32回の連続盗塁記録達成(シーズンまたぎのため参考記録)など記憶に残る選手だ。

その活躍から2019年のオフには5球団による争奪戦の末、ロッテに移籍。ただ、4年契約を終えると2023年に戦力外通告を受けた。

それでも、2024年で35歳を迎えた彼はくふうハヤテで再起を目指している。

輝いていたソフトバンク時代を彷彿とさせるチーム初のサヨナラヒットを放つなど新球団では早くもチームの”顔”だ。

福田選手は「1軍の舞台に似た緊張感で打席に立てて、その中で打つことができたのでホッとしました」とサヨナラヒットを振り返る。

死球によるケガがきっかけで戦力外通告

右手で左肩を触ることができない

プロの第一線で戦ってきた福田選手が、なぜ新設の球団を再起の舞台に選んだのだろうか?それは今の肩の状態に理由がある。右手で左の肩を触ることができないからだ。

福田秀平 選手:
日常生活でこれが限界です。(これ以上)手がいかないです。(右手で自分の左肩が)触れないです。でもこの肩でできるプレーを模索しています

それはロッテ移籍直後の2020年だった。顔面付近に来た投球を避けようと背を向けた際に投球が直撃。福田選手はうつ伏せに倒れて顔をゆがめた。

右肩の状態をみながらプレー

このケガで右の肩甲骨が変形し、後遺症で思うようなプレーができず戦力外へとつながった。痛みとは今も向き合っている。

福田選手は「骨の変形なので、(右肩は)もう100%になることはない。肩の今の状態を毎日確認して、『今日は悪いな』『今日はいつもより良いな』というのを感じながら、この肩でやっていくしかないので」と話す。

ロッテからコーチのオファーもあったが、満身創痍の身体と向き合い現役を諦めなかった。

偉大な大先輩のエールに感激

ソフトバンク時代の先輩・内川氏と

その福田選手のことを誇らしく思っている仲間がいる。

WBCに3度出場し、プロ通算2186安打など数々の偉大な記録を打ち立てた内川聖一さんだ。現在はフジテレビ系スポーツ番組「すぽると!」の解説者として第2の人生を歩む先輩であり、共にソフトバンクで日本一を経験した仲間でもある。

「すぽると!」解説者・内川聖一さん

「すぽると!」解説者・内川聖一さん:
プロ野球といっても2軍の試合しかない中で、一生懸命に野球に取り組んでいる秀平を僕はすごく格好良いと思いますね。最後に自分が「野球はもうお腹いっぱいだ」と言える瞬間まで頑張ってほしいと思いますし、秀平がコツコツ頑張っている姿を見てくれる若い選手がいるはずなので、そういう選手のためにも頑張ってほしい。(試合を)見に行くから!秀平の活躍を見て、夜に美味しいご飯でも(一緒に)食べられればうれしいと思う。これからもがんばってください

先輩からのエールに福田選手は「頼もしい姿をずっと背中を見てきたので、そんな偉大な方からメッセージをもらえてすごくうれしい」と喜んだ。

“1球の重み”を伝えたい

最年長・福田選手は若手の“羅針盤”

チーム最年長の今、自らが若手の“羅針盤”だ。

憧れの先輩からのエールに、福田選手は「1球にかける思い、1球にかける重みを僕はわかっているつもりなので(若手に)伝えていきたい」と、自らの役割をかみしめる。

いつも全力で挑みケガで何度も悔しさを味わったが、野球人生に悔いはない。

くふうハヤテ・福田秀平選手

福田秀平 選手:
静岡に勝負かけるという思いできたので、1日1日がんばって(内川さんが)言ったように“お腹いっぱいになって”終わりたいです。その積み重ねだと思っているので、まずは目の前の1日1日をがんばりたい

ウエスタンリーグのくふうハヤテは6月21日時点で16勝42敗4分、勝率.276と最下位ではあるが、最後まであきらめない姿勢を見てファンも増えている。

福田選手の1球にかける思いがチームを躍進に導いてくれるかもしれない。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

X公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ