18日夕方にかけて警報級の大雨になるところも…前線や低気圧の影響で未明から雨降り続く 静岡

2024年06月18日(火)

地域

気象情報

静岡地方気象台によると、中国大陸から日本の東にのびる前線上にある低気圧は、西日本から東日本の太平洋側を発達しながら東北東へ進む見込みです。

こうした中、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化することで大気の状態が非常に不安定になると予想され、県内では18日夕方にかけて雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、警報級の大雨となるところもある見通しとなっています。

特に伊豆の陸上では強い風が吹くとみられ、予想よりも低気圧が発達した場合には暴風となる可能性があるということです。

18日に予想される1時間降水量は、いずれも多いところで西部・中部・東部・伊豆ともに60ミリで、18日正午から19日正午までに予想される24時間降水量は西部・中部が120ミリ、東部・伊豆が150ミリとなっています。

また、18日に予想される最大風速は西部(陸上)と中部(陸上)が12メートル、東部(陸上)が10メートル、伊豆(陸上)が18メートルです。

このため、静岡地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、そして河川の増水・氾濫や強風に警戒するよう呼びかけると共に、竜巻などの激しい突風や落雷などへの注意を促しています。

【関連情報】東海道本線 一部区間で18日昼から夕方にかけて減便へ 身延線も一部区間で JRが運転計画を発表

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

X公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ