各地で大雨 湯ヶ島239mm・天城山236.5mm 東部・伊豆では避難指示も 交通機関にも乱れ 静岡

2024年06月18日(火)

地域暮らし・生活

静岡県内は6月18日、全域で雨となり沼津市や三島市などに避難指示が出ています。東部や伊豆では夜の初めころまで雨が続くとみられ、気象台は土砂災害に厳重な警戒をするよう呼びかけています。

7つの市町で避難指示

沼津市大岡(視聴者撮影・FNNビデオポスト)

こちらは沼津市大岡で午後0時半頃に撮影された映像です。道路が見えず川のように水が流れていました。

また、こちらはバスの中から撮影された映像です。ガード下をくぐるバスの横からは滝のように水が流れています。

18日の県内は低気圧や前線に向かって温かく湿った空気が流れ込んで各地で大雨となり、降り始めからの雨量は湯ケ島で239mm・天城山で236.5mm・土肥で209.5mmを観測しています。

沼津市内(6月18日)

これまでに沼津市や熱海市などあわせて7つの市と町に避難指示が出ています。

竹下昇輝 記者:
沼津市三枚橋町です。こちらはアンダーパスになりますが、ご覧のように完全に冠水していて自動車は通行止めとなっています。

女性:
いつもなら外に出ないが、きょうは用事があって出て、初めて(冠水を)見た。すごいですね

男性:
電車通勤だが電車が止まるかもしれないのでと車で通勤した。きょうは今年一番(雨が)強い印象

気象台によりますと、東部・伊豆では夜の初めころまで雨が続くとみられるということです。

気象台は今後の防災気象情報に留意し土砂災害に厳重な警戒をするとともに河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。

交通機関にも乱れ

JR静岡駅

6月18日の大雨により交通機関にも影響が出ています。

JR東海は雨が規制値に達したとして、新幹線についてこれまでに二度、静岡県内を含む一部の区間の運転を見合わせました。

東京へ行きを断念した利用者:
東京は土日混んでいるので平日の方がいいと思ってきょうを選んだんですけど、残念

また、東海道線では正午頃から午後4時頃まで興津・島田間で通常より本数を減らす「間引き運転」をしたほか、午後4時からは熱海・沼津間で間引き運転をしています。

JR東海は急な運転見合わせや遅れが発生することもあり、最新の運行情報を確認するよう呼びかけています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

X公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ