【解説】「今年の梅雨は雨が降らない日は30℃超か」静岡県内で今年初の猛暑日 暑さの理由は

2024年06月24日(月)

地域

24日の静岡県内はほとんどの地点で30℃を超え、静岡市では35.5℃と県内初の猛暑日となりました。暑さの理由と今後の見通しについて、小塚恵理子気象予報士の解説です。

23日の天気図

小塚 恵理子 気象予報士:
一段と蒸し暑くなった理由は、週末から一気に暖かい空気が入ってきたためです。
23日の天気図では、前線が一気に北上しました。これによって北の方まで暖かく湿った空気が流れ込みました。24日は前線は南に下がってきましたが、暖かい空気がまだ流れ込み続けていました。

上空1500mの暖気(23~24日)

小塚 恵理子 気象予報士:
その暖気というのは、上空1500mで15℃。これは30℃以上の真夏日となる可能性のある暖気で、23日から広く覆われました。24日は晴れたことで、気温が高くなりました。

上空1500mの暖気(7月上旬)

小塚 恵理子 気象予報士:
この先の暖気の予想を見ると、25、26日はまだ暑さ続きそうです。
その後はいったん下がりますが、週末以降また盛り返してきて24日以上の暖気が入ります。7月初めはまた暑くなりそうです。

今後の暑さの見通し

小塚 恵理子 気象予報士:
この先の天気と気温です。
まず、25日、26日まで厳しい暑さが続きます。27日、28日は雨で一時的に暑さが抑えられますが、週末からまた30℃近くになり、来週はさらに上昇し35℃近くまで上がって
また猛暑日となる可能性があります。

今年の梅雨は、雨が降らない日は30℃を優に超えそうです。暑さに厳重な警戒が必要です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

X公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ