生きた野生のイノシシから豚コレラウイルス 県内7例目 静岡・藤枝市

2019年11月13日(水)

地域

11月6日藤枝市で捕獲された生きた野生のイノシシから、豚コレラウイルスが検出されました。

静岡県内では、12日の静岡市内での感染確認に続き7例目です。

県畜産振興課によりますと、11月6日に藤枝市西方の山中で猟友会が捕獲した野生のイノシシの血液を検査したところ、12日の夜、豚コレラウイルスに感染していることが確認されました。

生きた野生のイノシシの感染確認は初めてで、県内では12日の静岡市駿河区での感染確認に続き7例目となります。

県は県西部で既に野生のイノシシへの経口ワクチンの散布を行っていますが、感染範囲が広がっていることを受け、13日と14日、静岡市葵区でも散布を行い感染の拡大を防ぐ方針です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ