海外メディアで魅力発信を 米大手旅行雑誌を招きPR 静岡県

2019年11月13日(水)

地域ビジネス(政治・経済)

東京オリンピックをきっかけに、海外からの観光客を取り込もうという取り組みが進められています。

今回は、アメリカの旅行メディアの編集者に静岡の魅力を伝えます。

この取り組みは、静岡県が神奈川県や山梨県などと連携して行っていて、13日はアメリカで発行部数80万部以上という大手旅行雑誌の編集者2人が、小山町などをめぐっています。

2人は、オリンピックで自転車ロードレースのゴールとなる富士スピードウェイで、県の担当者からオリンピックのコースについて説明を受けた他、レーシングカートの走行を体験しました。

県観光振興課・鈴木綾菜さん
 「東京に来ていただく観光客の方は、オリンピック期間中も多いかとは思うんですけど、静岡県の魅力をオンラインとかメディアを通じて発信して、ぜひ静岡県にも足を延ばしていただけるように取り組みを続けたい」

今回は富裕層をターゲットにしていて、2人はこのあと修善寺温泉や伊東市内の高級旅館を訪れ、インターネットなどで観光情報を発信するということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ