多くの市長町長「JRと会わない...」 JR社長がリニア問題で訪問申し入れ 静岡県

2019年11月14日(木)

ビジネス(政治・経済)

静岡県とJR東海とで対立が続くリニア問題。JR東海が、流域の8市2町を直接訪問する意向を示しました。一方で、流域の市町の多くが「会わない」方針であることがわかりました。

静岡県からJR東海へ渡された文書
「市町と個別に交渉等を行うことはご遠慮くださるようお願い申しあげます」

リニアを巡るJRとの交渉は、静岡県や大井川流域の市町が去年協議会をつくり、窓口を県のみとするよう、JRに求めてきました。

これは各市町が個別に交渉すると、JRに切り崩される市町が出るおそれがあると、警戒したためとみられています。

しかし、JR東海の金子社長は13日の会見の中で...

JR東海 金子慎社長
「首長さんが『私たちの話を聞きたい』と言われている以上、優先してということになると思います」

と、流域の市町を直接訪問する意向を示し、各市町にその意向を伝えました。

島田市の染谷絹代市長は「地元の理解を得るという意味で、JRさんの入り方は十分とは言えない」などと、先週発言していたためです。

これに対して14日川勝知事は・・・

川勝平太知事
「いまやもう(市町で)問題は共有されているし、向こうから社長さんがお目にかかりたいとおっしゃるのであればですね、それなりの対応を、市町の方もなさると思いますが」

「窓口は県」と言っていた知事も歓迎しましたが、当の流域の市町は…

染谷絹代島田市長
「これが5年前に御挨拶に来てくれるのであれば、また話は違ったと思うんですが、いま大変難しい厳しい状況ですので」

と回答を保留していることを明らかにしました。テレビ静岡が各市町に取材したところ、多くの市町が「会わない」と答えています。

島田市ー保留  焼津市ー会わない
掛川市ー保留  藤枝市ー会わない
菊川市ー断る方向 牧之原市ー会わない
御前崎市ー具体的な提案ない 袋井市ー(単独では)会わない
川根本町ー会わない 吉田町ー会わない

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ