早くも「正月展」 玩具や来年の干支“ネズミ”の小物も 静岡市

2019年12月11日(水)

地域

静岡市の観光体験施設で、2020年の干支「ネズミ」にちなんだ小物が販売され、人気を集めています。

駿府匠宿で毎年開かれている「正月展」には、凧や羽子板など正月ならではのおもちゃから、2020年の干支の「ネズミ」の置物など、あわせて100種類、1200点が展示されています。

ガラスに金箔をはり、その上から漆を施した職人手作りの酒杯には、かわいらしい「ネズミ」が描かれています。

展示品の多くは職人による手作りの一点物で、訪れた人はじっくり眺めたり手にとったりしながら正月気分を楽しみ、お気に入りの品を探していました。

「正月展」は静岡市駿河区の駿府匠宿で1月7日まで開かれています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ