年末年始 ノロウイルスに警戒 スーパーや飲食店の一斉点検 浜松市

2019年12月02日(月)

地域暮らし・生活

食品の流通が多くなる年末年始に食中毒が起きるのを防ごうと、スーパーや飲食店の調査が始まりました。

調査が行われるのは、浜松市のスーパーや飲食店など約70ヵ所で、保健所の職員が惣菜や冷凍食品の状態を調べます。

職員は放射温度計を使って食品の表面温度を測ったり、アレルギーや添加物が正しく表記されているかを確かめたりしていました。

浜松市生活衛生課・土屋祐司専門監 「時期的にこれからノロウイルスの食中毒が流行るシーズンでもありますので、惣菜の取り扱いや表示を見ていきたい」

こちらの店舗では問題はありませんでしたが、保健所は違反については文書で指導したり、営業停止命令を出したりして改善を求めるということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ