町の特産に 自然薯の品評会 見た目に糖度や粘度 6項目で審査

2019年12月03日(火)

地域

自然薯の栽培技術を高めて特産品にしていこうと、初物の収穫に合わせ、松崎町で品評会が行われました。

品評会は町の農業振興会が開き、16軒の生産者から25点が出品されました。

審査員をつとめるのは県や農協の職員で、形や病害虫による傷みといった見た目に加え、糖度や粘度、風味など6項目にわたり比較していきました。

賀茂農林事務所・地域振興課 稲葉茂さん
「台風が今年は2回も来たのでどうなるかと思ったんですが、非常に充実していまして、成分が濃い、粘りの強さも十分で、非常に良いものだと思います」

また屋外では自然薯の即売会も行われていて、訪れた人が今年の初物を買い求めていました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ