静岡学園イレブン 全国制覇を報告 サッカー王国復活へ 市民と喜び分かち合う 

2020年01月14日(火)

地域話題

全国高校サッカー選手権で24年ぶりの優勝を果たした静岡学園の選手が、14日、静岡市役所で全国制覇を報告しました。

14日午後4時15分、集まった市民などから拍手で迎えられた静学イレブン。

熱戦の疲れは見せず、選手たちは笑顔を見せ、訪れた人と喜びを分かち合い、優勝を報告しました。

川口修監督
「日本一という目標を立てて静岡を出発し、選手たちが頑張り日本一にたどり着きました。静岡の皆さん声援ありがとうございます」

阿部健人主将
「24大会ぶりに全国制覇し、とてもうれしい。これで卒業ですが、ここにいる1・2年、在校生は更なる高みを目指し、静岡県のサッカーの発展に貢献できるようがんばるので、応援よろしくお願いします」

卓越した個人技と鉄壁の守備で、今大会旋風を巻き起こした静岡学園。

13日は前回大会の覇者・青森山田に対して、2点ビハインドからの逆転勝ちを収めました。

全国4038校の頂点に立った静岡学園。

チームとしても県勢としても24年ぶりの優勝旗。学校として初の単独優勝となりました。

松村優太選手
「たくさんの方が出迎えてくれたので感謝しています。静岡学園の歴史に、名前を刻むことになったのは非常に光栄だし、だからこそ後輩たちにも、もっと静岡学園を盛り上げてほしい」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ