「市民の声聞かなくていいのか」津波浸水想定域への庁舎移転で署名活動 静岡市

2020年01月25日(土)

地域ビジネス(政治・経済)

静岡市役所・清水庁舎の移転の是非を問う住民投票を求め、市民団体が街頭で署名を呼びかけました。

署名呼びかけ 「署名に協力して頂く方を、街頭でお話しして募集しているので、ご協力頂けますか?」

「静岡住民投票の会」は街の活性化のためとして市が計画している清水庁舎の移転先が、津波の浸水想定区域にあるなどとして住民投票を求めています。

25日、市民団体のメンバーが移転予定地に近いJR清水駅前で街頭に立ち、署名を呼びかけました。

静岡住民投票の会・神戸孝夫代表 「市や議会には市民の声を聞かなくていいのかということについて、真剣な議論をして頂きたいと思っています」

約1万2000人の署名があつまれば、議会に住民投票を求めることができますが、市民団体は10万人を目標としています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ