マジックで「しね」奈良時代建立の国分寺 史跡公園で落書き被害 市が警察に相談 静岡・磐田市

2020年01月28日(火)

事件・事故

奈良時代に建てられた寺が残る磐田市の公園で、落書きが見つかり、市が詳しい状況を調べています。

落書きが見つかったのは磐田市中泉にある「遠江国分寺史跡公園」で、看板や石段など合わせて8か所に、黄色のスプレーや黒のマジックで「しね」という文字などが書かれていました。

24日に職員が見回った時異常はなく、翌日に通行人が見つけました。

4キロほど離れた小学校でも、校舎の壁や物置小屋に同じようなマークの落書きが見つかっていて、市は警察に相談して被害届を出す方針です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ