「おも~い」子供たちが農業体験 大きなキャベツ収穫 両手いっぱいに抱えて

2020年01月30日(木)

暮らし・生活

冬晴れの青空が広がる中、菊川市で小学生がキャベツを収穫しました。
秋に自分たちで種をまいたものです。

「うわー、おもい」

河城小学校では地域の畑を借りて、子供たちが農業体験をしています。

2年生35人は農家に教えてもらって9月に種をまき、30日に2キロほどに成長したキャベツを収穫しました。

大きいものを選んで力いっぱい引き抜き、採れたての味も堪能します。

「すごく甘くてみずみずしい味がする」
「千切りにしてマヨネーズを付けて食べたい」

台風にも負けず大きく育ったキャベツは、家に持ち帰るほか、小学校でお好み焼きにして味わうということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ