ごろつき発言 自民 川勝知事に「赤点」全面謝罪でも… 静岡県

2020年01月30日(木)

ビジネス(政治・経済)

川勝知事の「ごろつき発言」を巡り、その真意を質問状で質した自民党。

回答期限の30日、知事は「撤回してお詫びします」と全面的に謝罪しましたが…

回答期限の午後0時、10分前。
県の幹部が自民党の役員室を訪れ、回答を手渡します。

竹内幹事長
「思ったより簡潔になってますね。もっとすごい文章が出てくるのかと思った」

東静岡の「文化力の拠点」の整備を巡り、知事が賛同しない議員を「ごろつき・やくざ」と発言した問題。

自民党は、その真意を質す質問状を知事に出していました。

30日の回答で、知事は「すべて撤回しお詫びします」と謝罪しました。

一方で「ごろつき・やくざ」は誰を指すかという問いには「誰も指していない」と答えました。

そして、なぜその発言をしたのか説明を付け加え、12月議会で県が提案したリニア問題の決議文が否決されたことへの「義憤」=「道義に外れたことに対する怒り」から出たとしました。

否決に回ったのは自民党です。

Q(否決に回った反対した会派を念頭に?)
川勝知事「そこに書いた以上でも以下でもありません」

(県:すみません、以上でお願いします!)

竹内幹事長「まあ、赤点じゃないですか。がっかりしてます。もう少し誠実に答えてもらえると思ってましたから」

自民党は31日に役員会を開き、今後の対応方針を決める予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ