鹿児島キャンプ ジュビロ磐田 決定力不足…課題明確に

2020年01月30日(木)

芸能・スポーツ

ジュビロ磐田が鹿児島キャンプを行い、シーズン開幕に向けて調整を続けています。

鹿児島で30日までキャンプを行ってきたジュビロ。

J1復帰へ、フベロ監督のもとで攻撃的なサッカーを目指します。

フベロ監督
「攻撃的なサッカーで、1つでも多くチャンスを作って、ゴールを決めて勝つサッカーをしたい」

29日、30分ずつ5本行われた鹿屋体育大学との練習試合では、最初の2本に主力組が登場、開始3分で東京オリンピックの代表候補、小川がゴールを奪います。

しかし、その後は何度となく訪れたチャンスを決めることができません。

取り組んできた形を部分的には見せましたが、2本の結果は1‐0。

対外試合で多くの課題が見えたのも収穫として調整を進めます。

FW小川航基選手
「決定力というところには課題は非常に残った試合でした」
DF大井健太郎選手
「初めての練習試合でしたしミスも含めてよい練習試合いだったかなと思います」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ