その名も「受軽石(うかるいし)」 博物館が受験生にプレゼント 静岡・富士宮市

2020年01月31日(金)

地域

春を目指す受験生を応援です。

富士宮市の博物館が、験担ぎの「うかる石」をプレゼントしています。

プレゼントされているのは、火山性のその名も「受軽石」です。

この石は、鹿児島の桜島が噴火した際飛び散った噴石が、海で冷やされ指宿の海岸に流れ着いたものです。

「軽々と浮かぶ・軽々と受かる」というごろ合わせに加え、さらに縁起がいいわけがあります。

奇石博物館・矢嶌芙雪さん 「(受軽石は)鹿児島県の指宿が産地、指宿が篤姫さまの出生地ということもあり、篤姫さまの幼名が『かつ』ということにあやかり、受験に勝つ、受かる石。風邪やインフルエンザが流行ってますが、受軽石をもって受験頑張りましょう、お待ちしています」

受軽石は奇石博物館で受験生や保護者先着100人にプレゼントしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ