防災ずきんやお線香のパッケージも デザイン学校の卒業制作展 静岡市

2020年01月31日(金)

地域

31日から、静岡市でデザイン学校の生徒たちによる卒業制作展が始まりました。

斬新なアイデアあふれる作品を取材してきました。

室伏真璃アナウンサー 「こちらのカラフルなバック、このようにすると…防災ずきんになるんです!」

バックとして持ち運べる防災ずきん。携帯電話やホイッスルを入れるポケットもついています。

31日から始まった静岡デザイン専門学校の卒業制作展。

グラフィックデザインやインテリアデザインなどを学んだ、約200人の作品が展示されています。

みなさんこちらの作品は何だと思いますか?

グラフィックデザイン科・鈴木春香さん 「ご先祖様や神仏をもっと身近に感じてもらいたいということで制作した、お線香のパッケージになります」

供える相手をイメージして選べるよう100色あります。

一方、こちらの作品は・・

柴田彰彦さん 「若い人に混じって勉強させてもらっています」

現在62歳、信用金庫を定年退職したあと、念願だったデザインを学びなおした柴田さん。

作品はカエルやペンギンのキャラクターです。

柴田さん 「死なない程度に絵を描きたいと思っております」

学生たちの思いが詰まった卒業制作展は2月2日まで開かれています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ