マイナンバーカードでポイントが? 制度スタート前にID設定端末が市役所に 静岡・袋井市

2020年02月03日(月)

地域暮らし・生活ビジネス(政治・経済)話題

今年9月からマイナンバーカードを持っている人にキャッシュレス決済のポイントが与えられる制度が始まります。

この制度の利用に必要なIDを設定できる端末が袋井市役所に設置されました。

県内で初めて袋井市役所に設置されたのは国が9月から始める「マイナポイント」制度の利用に必要なIDを設定できる端末です。

マイナポイントはマイナンバーカードの保有者がキャッシュレス決済で買い物やチャージをした場合、利用額の25パーセント最大5000円分が与えられる制度です。

利用に必要なIDは端末にマイナンバーカードをかざし案内に従って操作すると設定でき原田市長も早速体験しました。

原田英之市長「指示の通りやるだけで非常に簡単に僕のマイキーIDを取りました。この機器のセットはとってもいいですね」

マイナポイントのねらいは消費の活性化とマイナンバーカードの交付促進でスタート直前には混雑も予想されるため国は早めの申請を呼びかけています。

制度開始2ヵ月前の今年7月から連携する決済サービスが選択できるようになります。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ