「発掘!静岡新名物・新名所」あなたも変身…“なりきり”スポット

2020年02月07日(金)

地域話題

「発掘!静岡新名物・新名所」
東京オリンピックパラリンピックが行われる今年、海外の人も含めて訪れてほしいスポットをご紹介します。
今回は、いつもの自分とは違う存在になって楽しむ「なりきりスポット」です。

沼津市の「伊豆・三津シーパラダイス」。
きょう注目したいのは、魚でも人気のイルカでもなく・・・
去年12月にオープンした「あじっこパラダイス」です。

伊豆・三津シーパラダイス 土屋考司さん
「われわれ水族館がある沼津市なんですけれども、養殖のアジ、それからアジの干物ですね、その生産量が日本でもトップクラスを誇るということで」

あじっこパラダイスは、なんとコスチュームを身に着け、子供たちにアジになりきってもらい、捕獲されてから食卓に上がるまでを体験するスポット!

最初のトランポリンは・・・網に捕まってしまった場面。

続いては、まな板の上。
「あー切られる」
「包丁につぶされちゃう」
「包丁があった 助けてー」

「今度はアジに干されに行こう」

次は干されて干物に。
網の上で天日干しされ、おいしさが増します。

そして最後は・・・
「熱い!」

コスチュームを裏返せば、こんがりと焼き色が。

大きな食卓をバックにシャッターを切ると・・・ 干物定食の完成です。

体験した親子は。
子供 「楽しかった。(どんなところが?)トランポリン」
父親 「服がかわいくて見ていてほほえましかったです」
母親 「親子で楽しめて、すごいいいと思います。インスタに使おうかなって思いながら撮ってました」

一方こちらは、大きな荷物を持ったグループが建物に入っていきます。

コスチュームに身を包み登場。
男女「ディズニーの映画、美女と野獣です」
女性「刀を擬人化したキャラクターで、和泉守兼定という刀になります」

ここ伊豆市の「修善寺・虹の郷」は、様々なキャラクターになりきる「コスプレイヤーの聖地」として、注目されています。

約50平方メートルの園内では、西洋の街並みを再現したエリアや日本庭園といった、キャラクターの設定にあった背景が見つかります。

修善寺・虹の郷 杉崎正博さん
「最初、私どもが誘客したというよりも、本当にコスプレイヤーの方が自然と集まってきて、口コミで集まってきてくださって」

コスプレイヤーが集まり始めたのは10年ほど前。
虹の郷は、売店だった建物を無料の更衣室として開放するなど積極的に受け入れました。

コスプレイヤー 「気軽に来れるところがすごい魅力です。許可をもらわなくても自由に撮影してもいいし、来た時にすごいお店の人とかお客さんがフレンドリーに接してくれるのがすごくいいです」

コスチューム姿で園内を歩いていると・・・
コスプレイヤー「こんにちは」
別の来場者3人「おめでとう」「結婚式じゃないよ(笑)」

ここでは、コスプレイヤーがいる風景がもはや当たり前に・・・

イギリス村で撮影。
コスプレイヤー 「スタジオとかだと狭い空間になってしまうので、ここだと広がりがすごい、風景として絵になる写真が撮れるのが魅力です」

アングルを考えて・・・
「下からの方がよくない?」
「あーなるほどね。いいかも」

コスプレイヤー 「こうやって和装をしていると向こうの方(外国人)も興味を持って話しかけてきてくださるので、こちらも楽しくお話しさせていただいてます」

こちらは、 コスプレイヤー専用の撮影スタジオとして無料で貸し出している、かやぶき屋根の古民家。
道具もレンタルできます。

虹の里はオリンピックイヤーの今年、外国人のコスプレーヤーにも来てもらいたいと期待しています。

修善寺・虹の郷 杉崎正博さん
「このコスプレの文化というのは日本のものだと思うんですよね、ですからオリンピックなどでいらっしゃる外国の方が、この日本の文化に触れて頂ければいいなという風に思います」

普段とは違った自分になれる「なりきりスポット」。
子供も大人も楽しめる、静岡の新名所として人気を集めそうです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ