災害時の被害軽減へ 照明車やポンプ車の操作学ぶ 静岡市

2020年02月05日(水)

地域

災害時の被害軽減に向け、対策用機械の操作を学ぶ訓練が静岡市で開かれました。

訓練は市や町と協定を結び、災害時に現場で機械を操作する建設作業員などを対象に河川事務所が毎年開いています。

5日は120人が参加し、高さ20メートルから作業場を照らす照明車や1秒間に500リットルの水をくみ上げるポンプ車の動かし方を学んでいきました。

参加者 「迅速に機械を使って対応できるようにしていきたい」

別の参加者 「自分たち重機等使ったりしていますので、積極的に現地の人の助けになれれば」

河川事務所はこうした実践的な訓練を重ね、災害に備えたいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ