働きたい!60歳からの就活は・・・人気のシニア就職支援窓口が大盛況 静岡市

2020年02月08日(土)

地域暮らし・生活

「元気なうちは働きたい」

働きたい人のうち60歳以上のシニアの割合は、40年前には9パーセントだったのが、おととしには2倍以上の20パーセントになっています。
そんな、働きたいシニアが仕事を見つけることができる、シニア専用の就労窓口が人気を集めています。

静岡市役所の2階に、市が開設したシニア向け就労相談窓口「NEXTワークしずおか」

杉村祐太朗記者
「こちらの窓口にはご覧のように求人情報がずらっと並んでいて、中には高齢者が働きやすいように、週に1日、1時間から募集しているものもあります」

シニアに特化した求人情報を200件以上掲載。
丸テーブルに、明るい内装、「サロン」をイメージした窓口で、専門スタッフが相談に乗ります。

女性相談者 「無理だとは思うんですけど、つい働きたい気持ちがちょっぴりあるもんですから」
スタッフ 「全然無理なことないですよ。そういう方が非常に多くいらっしゃるんで」

男性相談者 「JAの仕事がしたい。野菜農家」

窓口には、1日平均30人の働く意欲あふれるシニアが訪れます。

NEXTワークしずおか・一ノ宮由美マネージャー
「今までは、就職情報誌だったり、ハローワークだったりとか、情報が散らばっていたんですけれども、NEXTワークのように1ヵ所ですべてをまとめているという所がなかったんだと思います」

4人の相談スタッフは人材会社などで働いた経験をもつエキスパート。
就労相談を受けるだけでなく、自らが企業に出向きシニア向けの求人を開拓します。

NEXTワークしずおか 「いま御社でどの年代層を重視して募集されている?」

企業の担当者 「私どもの方で72歳の方が現場で働いて、そろそろ後継者に引き継ぎたいなとおっしゃっていまして、ですから希望としては、50代から60代後半まで」

直接、シニアと接しているスタッフだからこそ、企業からも信頼されます。

ホット・ブリッジ アテンド部・内田裕美部長
「ご高齢の方が思っている働き方、要望とか、そういったことをダイレクトに伺えるので、そういったことを参考にしながら採用に生かさせて頂いている」

来場者は去年6月のオープンから半年で、のべ3150人。
125人を就労に結びつけました。
年度目標の80人をすでに上回っています。

来場者
「入りやすいですし、市民である限りは気軽に使える」
別の来場者
「ハローワークさん行ったら情報量がものすごいもんですから、選択するのに難しい。そういうところでここは、ある程度の選択の中で教えて頂けるというのが一番強いから、ちょっと安心する」

シニアを積極的に雇用する企業も増えています。
仏壇や仏具の販売を行うこちらの企業では、従業員の20パーセントが60歳以上のシニアです。

お佛壇のやまき・浅野秀浩社長
「今まで仕事をしてきた職場とかスキルを、私たちの会社のほうでより発揮して頂く」

杉山順子さん66歳。
2年前に採用され、位牌に戒名を書く仕事を行っています。
文字を書くことが好きで、40年間書道に携わってきた杉山さん。
現在も自宅で書道塾を開いていますが、自分の経験を社会でもっと生かせないかと考え、64歳にして就職しました。

杉山順子さん
「自分が今まで培ってきたもので、自分ができる仕事があったという事が、本当に見つけられたのはありがたいですし、こちらもこたえなくちゃいけないという気持ちにもなります」

シニアが働きやすいような工夫もしています。

商品の棚卸は、これまで手書きでチェックしていましたが、シニアでも簡単に行えるようバーコード式に。
レジの文字も大きくして見やすくしました。
さらに、勤務時間も、週4日、1日5時間から自分の生活にあった働き方を選ぶことができます。

お佛壇のやまき・浅野秀浩社長
「いかに高齢者が仕事しやすく、かつ効率よく仕事ができるように、そのような工夫は随所に取り入れています」

厚生労働省は、シニアが希望すれば70歳まで働き続けられる制度の整備について、来年4月から企業の努力義務とすることを決めました。

NEXTワークしずおか・一ノ宮由美マネージャー
「雇ってみたいけどもどうやって探していいかわからない、あとはどう雇っていいかわからない、面接にきても今は元気そうだけど明日たおれたらどうしようとか、不安はある。ですから企業は1歩踏み出す勇気、まずトライアルでやってみるということをチャレンジしていただきたい」

元気なシニアが生涯活躍できるように。
働き方が大きく転換する時期が来ています。

◆静岡市のシニア向け就労相談窓口「NEXTワークしずおか」
市の調査では、窓口を訪れるのは男女ほぼ半々で、利用者の満足度は99パーセントといいます。
スタッフの4人も平均年齢は60歳を超えていて、同じ年代だからこそ親身になって話しができるといいます。
他の自治体からも注目を集め、北九州市などが視察に訪れています。
清水区での出張相談会も予定されています。
2月20日(木)静岡市役所清水庁舎 10時~ *2週間の予定

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ