清水の水不足解消に 安倍川からの100億円の”水の道”完成 静岡市

2020年02月07日(金)

地域

水不足の解消に。静岡市清水区に安倍川から水を供給するための新ルートが完成しました。

清水区の主な水源となる興津川は川の水が減りやすく、たびたび断水に見舞われてきました。

静岡市は興津川の渇水に備え、総工費100億円をかけて、安倍川の水を送るための水道管「北部ルート」を建設しました。

7日の通水式では、興津川と安倍川それぞれから流れ込んだ水がひとつになって清水区へ供給される様子が公開されました。

市公営企業管理者・大石清仁さん 「今後。渇水が生じた際には静岡側の水をこちら側に融通して、市民が安定給水に困らないように対応していきたい」

すでに設置されている南部ルートとあわせ、清水区には一日最大約1万トン、約1万4000世帯分の給水ができるということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ