著書も多数 西武百貨店静岡店でサイン会も 球界の名将 野村克也さん死去 84歳

2020年02月11日(火)

芸能・スポーツ

プロ野球界で、監督として三度の日本一を果たした野村克也さんが亡くなりました。

死因は心不全、84歳でした。

警視庁によりますと、野村さんは11日未明、自宅から病院に搬送され、その後死亡が確認されたということです。

野村さんは1954年に現在の福岡ソフトバンクホークスの前身・南海ホークスにテスト生として入団。

ホームラン王9回など数々のタイトルを獲得し、戦後初めての三冠王にも輝きました。

南海の監督をつとめた他、ヤクルトを三度日本一に導き、その後阪神と楽天でも監督を歴任。

現役時代の成績は2901安打、657本塁打、1988打点、打率は2割7分7厘でした。

2017年に亡くなった妻・沙知代さんと番組で夫婦で共演する姿も人気を博しました。

たびたび静岡県内も訪れています。

1980年、西武ライオンズ時代に著書「敵は我に在り」を出版し、静岡市の百貨店で記念サイン会を開くと、大勢の人が詰めかけました。

またいったんプロ野球を退いていた2005年には社会人・シダックスの監督として草薙球場でチームの指揮を執りました。

死因は心不全、84歳でした。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ