新型コロナでマスクがない… 迫る花粉症どう対処する? ドラッグストアで聞いた 静岡

2020年02月11日(火)

話題

新型コロナウイルスの拡大で各地で起きているのがマスクの品薄状態です。

そうした中、本格的するのがスギ花粉の飛散…

どんな対策をとったらいいのかドラッグストアで聞きました。

気象台によりますと、県内では週の後半から気温が上昇する見通しで、最高気温が20℃を超える日も予想されています。

こうした中多くの人が悩まされ警戒しているのがスギ花粉の飛散です。

しかし…

入口鎌伍記者 「新型コロナウイルスへの警戒からこちらのドラッグストアでもこのようにマスクが品薄となっていて、花粉症の人にとっては頭の痛い状況が続きそうです」

環境省などによりますと、日本人の4人に1人がスギ花粉に悩まされているという調査結果もあります。

しかし、今年はこの状況…
他にどんな対策があるのでしょうか。

小笠原さん 「ワセリンであったり、顔の上から吹きかけるスプレーも関連商品としてある」

こちらはスプレータイプの予防アイテム。顔に霧を吹きかけると透明なイオンの膜が張られるため静電気の発生が抑えられ、花粉などが付着しにくくなります。

そして今シーズン注目を浴びているのが「ワセリン」です。

保湿剤として知られるワセリンですが目や鼻の周りさらには鼻の中に塗ることで、花粉が粘膜に直接付くのを防ぎます。

またこちらの店ではアレルギー反応を抑える内服薬の売り上げも去年と比べて2倍に伸びているということです。

杏林堂マーケティング部 小笠原悠馬さん 「今年は暖冬の影響もあり、花粉の飛散が早かったりピークが例年より早い状況にあるので、出来る限りお客さんの悩みに合わせたお薬などを提案ができるよう努めてまいりたい。マスク以外にもいろいろな商品で対策ができるのでそのような商品の提案啓蒙もしていきたい」

いまや国民病とも言われる花粉症。

この春はマスクの供給について先が見えない状況です。

どんな対策ができるのか?相談を含め、早めの行動が大切です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ