河津桜まつり “新型コロナ”の影響も「ポジティブに」 静岡・河津町

2020年02月12日(水)

地域

10日開幕した「河津桜まつり」、例年より早い開花で、会場は多くの花見客で賑わっています。

しかし、そんな賑わいの陰に、新型コロナウィルスの影響も出ています。

濃いピンク色の花が遊歩道を埋め尽くす河津桜まつり。

毎年90万人近くが訪れる春の風物詩で、花はすでに見ごろを迎えています。

出店者「今年は出足はまあまあじゃないですか。良いほうだと思います。一昨日から、天気もいいしね」
出店者「ありがとうございます。お客様は相変わらず絶好調です」

電車でくる人、マイカーで訪れる人、さまざまです。

しかし、今年は例年とは違う点があります。

祭りが開幕した10日と11日、観光バスはタイからの団体客の3台だけ、去年は16台でした。

新型コロナウイルスの影響で、マスクをした人の姿が多く見られますが、観光客だけではありません。


出店者「マスク着用に出店者もなったので、マスク着用、規制されています」

店に試食コーナーは設けず、踊り子との記念撮影も行われません。

観光客に聞くと。

観光客「すごく気になって来たんですけど、報道を見てると、うつるって言ってもそんなにうつらないっていう。接近しないとということなので。でも、一応アルコール消毒とかは持ってきましたけど」

影響は宿泊施設にも。

中国や台湾などアジア系の団体客のキャンセルが相次ぎ、1月27日から約500人のキャンセルが出ているホテルも。

一方、こちらは河津七滝温泉の天城荘。

個人客がメインの宿ですが、それでも影響が。

天城荘・福原賛支配人「キャンセルの数が大体200件以上になってます。中国の渡航禁止を受けて、中国からのご予約に関してのキャンセル料は一切取れない形になっています」

こうした時だからこそ、安心感とサービスの良さをアピールし、少しでも多くの人に河津町を訪れて欲しいと話します。

天城荘・福原賛支配人「日本人のお客さんにご観賞していただける機会が、より増えているんじゃないかなと、ポジティブにも考えています」
(空いたところへ新しい予約が入っている?)
福原支配人「おかげさまで桜の開花も早まりまして、順次埋まってきつつあるという状態です」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ