30分で売り切れ 食パン・ヨーグルト…給食業者を助けよう!販売会 新型コロナ休校で… 静岡・富士宮市

2020年03月08日(日)

暮らし・生活

新型コロナウイルスで小中学校が休校となる中、給食センターに食材を納入する業者を助けようと、パンやヨーグルトの販売会が富士宮市で開かれました。

この販売会は、休校の影響による食品ロスを少しでも減らそうと、地元の子育て支援団体などが開きました。

8日は給食業者や牛乳メーカーが参加し、食パンやヨーグルト、バターなどを販売しましたが、予想を上回る人が訪れ、約30分で売り切れました。

客 「食材が余っているということで(業者を)助けたい」
客 「廃棄処分はもったいない。役に立てばと思って」

業者 「出しても余るのではという心配があったが、雨の中来てくれて感謝の気持ちでいっぱい」

主催者は、今後もコロナウイルスの影響で困っている人たちを助けられるような活動をしたいと話しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ