ジュビロ磐田 備蓄マスク5000枚を市に寄付 静岡・磐田市

2020年03月11日(水)

地域芸能・スポーツ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、サッカージュビロ磐田が備蓄マスクを磐田市に寄付しました。

10日、ジュビロの小野勝社長は感染拡大を防ぐため、磐田市長の渡部市長に5000枚のマスクを届けました。

このマスクは、2009年新型インフルエンザが流行した際に、チームがスタッフ用として備蓄した1万枚のうちの半数です。

磐田市は今後、医療機関や高齢者施設を中心に配布先を検討します。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ